FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

2006年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年02月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アシュタカヴァルガの基本原理

アシュタカヴァルガってのは、へんてこりん(失礼!)な計算を延々と行って算出します。

神話によると、神様が教えてくれた方法なんだそうです

神様いわく、

太陽の在住している星座から、2室目は太陽にとってラッキー → 1点
太陽の在住している星座から、3室目は太陽にとってラッキー → 1点
太陽の在住している星座から、5室目は太陽にとってラッキー → 1点



水星の在住している星座から、1室目は月にとってラッキー → 1点
水星の在住している星座から、3室目は月にとってラッキー → 1点
水星の在住している星座から、4室目は月にとってラッキー → 1点



ってな要領で、これを延々と337回繰り返します

≫ Read More

| アシュタカヴァルガ | 00:19 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラージャ・ヨーガ・カーラカの時期

ラージャ・ヨーガ・カーラカの惑星がマハーダシャーになる時期って、
良いことも悪いこともあるけど
本人にしてみれば、それらをポジティブに受け止めることができて
充実した生き方ができることが多いらしい。

だから、ラージャ・ヨーガ・カーラカのマハーダシャーの時期に病気になっても、
そのまま失意のうちに死んじゃうって結末には、なかなかならないと思うんだよね。

参考記事:
ヨーガ・カーラカと、ラージャ・ヨーガ・カーラカ
羽生善治名人のラージャ・ヨーガ・カーラカの時期

| ダシャー | 21:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金星とラーフ、その3

ラーフ-金星期になったばかりの人のカキコを転載します。
ラーフ&金星のダシャーって、ドラマな時期だなぁ。。。
人間模様が激しく交差しあい、人生の転機となる時期なのね。

SNOW - 07/1/18(木) 21:34 -
きのう大好きな人(1966年4月2日生)と
さようならをすることを
決めました
2004年の5月から一緒にいて
ずっと一生一緒にいる人だと思っていたのですが
どうしてもこの先つきあっていけない理由があり
あきらめることにしました

≫ Read More

| ラーフ期の体験談 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ期ってこんなん2

ラーフ期の彼を持つ、ラーフ期が終わった女性の思ふこと
参考までに転載します。

ケートゥさんwrote:
>どうしてtomoさんが「彼に振り回されがち」かを考えると、
>彼の今のマハーダシャーのラーフが1室に在住していて、
>今の彼は他人よりも自分の事を優先的に考えているからかもしれません。
>だから、今の彼は例えば、「自分がいいと感じることは相手もきっといいと感じているはずだ」と考えているかもしれません。

Tomoさんwrote:
これは本当にそのとおりだと思います!
とても自分に自信をもってる人だなと思うし
自分のことに夢中になっている感じがします。
勝手だなと思いつつも「これいいよね?」と言われると
つい同意してしまいます。
また言い争いになると言いくるめられてしまい、
その場では納得してしまいますが、後で腑に落ちない状態になります。



2人が出会ったころ、彼も彼女もラーフ期。
ラーフ的な力強さに、惹かれたとこもあったのかもね。

| ラーフ期の体験談 | 18:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宝石療法の本

PlusGさんのカキコミで、書評を書いてくれてるのがあったので転載します。お勧めするとかしないとかじゃなく、こんな本もあるってよ、ってことでこのブログに残しておきます。



こんなのみつけました。
PlusG - 07/1/5(金) 23:50 -

まえに読んだ本の中に少し記載がありました。
でも古典の出典が載っているわけではないということとか、私自身試してみた訳でもなく
よく理解できているのでもなく、すごくお勧めの本といっていいかも微妙で、、そのへんご了承下さい。

「宝石光線両方の奇蹟~今よみがえる古代インドの宝石療法」~ベノイトシュ バッタチャリア著
中央アート出版

。。。。専門の占星学者たちは、個人のホロスコープを精密に調べることによってどの惑星がいつその人に悪しき影響を及ぼすかを判断し、その作用を覆す緩和策をいろいろと講じてきました。このような緩和策は何百となく我々の聖典の中に述べられていますが、宝石を身につけるというのもそのひとつです。~中略~ 

≫ Read More

| 書評 | 21:16 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

宝石を語れ

http://ucha.blog19.fc2.com/blog-entry-146.html
で引用したスレッドに出てきた、愉快な仲間達の会話を転載します。

インド占星術やってると、宝石の話はちょこちょこと出てきます。その参考になるかも・・・ならねーかな。。。
素人ばっかりの雑談なんで、あくまでも参考程度に。。。ね。

≫ Read More

| 宝石 | 19:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さらに深く、宝石について

前回は、気軽に読めるやりとりを転載。
今回は、気むずかしいやりとりの転載。

宝石に関するsamadhiさんの考え方。
それなりの説得力があると思ったので
このブログにポイントだけメモっときます。
最後のほう、難しすぎてまったくついていけなくなりましたが



救済策について
samadhi - 06/12/25(月) 17:31 -

少し話題が沸騰している、宝石を身に着けることが効果があるのかどうかという問題についは、どうして、改善する対策としての一方法として、宝石を身に着けることが効果があるか?全く逆効果になるのかという視点の原理的認識が求められるところがあるでしょう。


≫ Read More

| 宝石 | 22:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |