うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

適職占いと職種

多くの占い本には、
「○○は、こんな業種が適職よ!」
みたいなのが書いてある。

でも、実際にいろんな人の鑑定をしてみると
業種で悩んでる人って、少ない。

どういう仕事をしたいか
 とか
どんな職場環境になるか
 とか
を教えてあげると喜ばれるけど、
業種とか業界を伝えたところで
返ってくるリアクションは薄い。
「へー、そうなんですね、ありがとうございました」みたいな。

≫ Read More

| ネットで鑑定してて | 00:31 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラグナを探して

今年のお年玉鑑定で、ラグナを変えて再鑑定を依頼してきた人がいました。

「ごめんね、前回のラグナ間違ってましたー。テヘッ((^┰^))ゞ 」

みたいのではなくって、

前回は「子供の頃に母から聞いた記憶」でラグナを決めてたんだけど、
本人がインド占星術を勉強していって、

「ラグナを一つずらしたほうが合致っているように感じます」

こういう探求スピリット、嫌いじゃない。

結果的には、ラグナはずらさなくても良さそうなんだけど、
改めて検討しなおすって作業は、面白かった。

検討が終わり、最後にこんなコメントをいただきました。

「ラグナを変えてみても、
しっくりくることとそうでないことがそれぞれにあり、
気がづかないうちに自分の都合の良いように解釈しているのだと思います。(←思い込み!)
ラグナを変えてみることで理解が深まったりと、とても勉強になりますが
初心者の自分にはちょっと難しすぎです。
自身の運命を見るには、やはりラグナが決まっていたほうが何かと都合がいいですね。」


ほんと、その通りだと思います。

| ネットで鑑定してて | 22:29 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホロスコープが一致しないとき

ホロスコープを作ってみたら、他の人が作ったホロスコープと違ってることがある。

ラグナが、なぜかズレてる。

原因として考えられるは、

 ・午前と午後を間違えてた
 ・出まれた時間を間違えて入力した
 ・緯度・経度の数値を間違えた
 ・緯度・経度の東西南北を間違えた
 ・時差をJSTにしなかった ( ̄○ ̄;)!
 ・うっかり夏時間を採用してしまった
 ・ソフト自体にバグがあった(!)
 ・教えてくれた出生データが間違えていた  ミ(ノ;_ _)ノ=3
 ・D1だと思ったら、よく見たら分割図だった (°。°)(°O°)
 ・相手のほうが間違ってた

などが考えられます。

ちなみにわたくし、全部やったことあります。
いらんことばっか経験豊富!!!

| ネットで鑑定してて | 00:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

占いの活用法

>占いの活用法がいまいち明確になっていません

ってメールが来ました。

占いの活用法、いろいろあります。

過去の自分を理解するために使ったり、
現在、周りにいる人たちのことを理解するために使ったり、
未来の変化に対応しやすくするために使ったり。

| ネットで鑑定してて | 22:31 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2室のケートゥ、その3、鑑定依頼

2室にケートゥが在住している人の鑑定依頼には、
独特の特徴があります。

1通目、鑑定依頼はすごくシンプルなのに、
2通目、レスでは人が変わったようにたくさん書いてくる。
このギャップに驚かされたことが、今まで何度もありました。

2室は会話を表わすハウス。
ケートゥは沈黙と哲学の惑星。

そのせいか、1通目はすごく言葉が少なくて、
正直、何を聞きたいのかよくわからないこともある。
手探りで鑑定して結果を伝えると、
その鑑定に対するフィードバックや考察が、たっくさん返ってくる。
え?別人?みたいに感じることもある。

たぶん、

1通目が沈黙の惑星モード
2通目が哲学の惑星モード

ってことなんだと思う。


去年、無料鑑定掲示板に
 「鑑定してください」
 「何をやねん?」
 「えっとですね、(以下長文略)」
みたいなやりとりがあったんだけど、この人も2室ケートゥだった。
こんなところに着目してくと、鑑定依頼を読んでるだけでも
無料鑑定は密かに面白い。

≫ Read More

| ネットで鑑定してて | 00:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事人間を鑑定するとき

恋愛鑑定を依頼してくる人に
仕事のことも鑑定してあげると、喜ばれることが多いけど、
仕事の鑑定を依頼してくる人に
恋愛のことも鑑定するのは、気をつけたほうがいい気がする。

仕事の質門を依頼してくる人は、恋愛・結婚に興味が薄いせいか、
5室や7室が傷ついてる人が多い。

でも、そういう人に「恋愛運が低そう」ってつい言っちゃうと、
「そうっすね、ありがとうございました。」
みたいに、そっけないレスが返ってきて、それが鑑定が終了しちゃうケースを
無料鑑定掲示板でたまに見かける。私も経験あります。
そんなことわかってるし聞いてないよ、みたいな空気。  失礼しました。

| ネットで鑑定してて | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

疑ってみること

占星術の勉強をしていると、
「これはGOOD」「これはBAD」っていう技法がたくさん出てきます。

初学者は、それを暗記することから始めないといけない。
でも、それをいちいち疑ってみるのも面白かったりする。

本当にBADなのか、どのくらいBADなのか、どういう意味でBADなのか、などなど。

たとえば、8室は悩みを意味するハウスだと書いてる。
何百、何千というホロスコープを見てきて、
8室が悩みを生み出すハウスだということを私は確信できました。
そして、苦しいだけの悩みもあれば、
成長していく過程での悩みもあることが見えてきました。

悪いハウスとか、悪いナクシャトラだとか、いろいろあるけど、
いちいち信じてると、気分が暗くなってくる。
中級に足を踏み入れたら、疑ってかかったほうが
技法の理解・習熟は深まると思う。

| ネットで鑑定してて | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT