うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

家族のハウスと火星&ラーフ

家族を意味するハウスに火星が在住すると、
その相手とバトルする運勢が出てくることが多いみたい。

って記事を書いたら、ぷーさんから、こんなコメントが。

ラーフ&火星がコンジャンクトすると、その部屋の表す人物からDVされる法則にあたりまくります。

≫ Read More

| 惑星研究 | 18:31 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水星と知性

みさんがコメント欄で紹介してくれたブログ(holiday lunchさん)を読んでて、
8月29日の記事にこんなことが書いてました

>一般的に水星が傷ついていると知性に問題があるという見方もありますが、
>必ずしもそうではなく、「知性を間違った方向に使う」だったり、
>「異常に頑固」だったりというような特徴として出ることがあるようです。


私も、水星の傷=知性や学力の低下、ってふうには考えてないから、
この視点には共感してます。

間違った方向かどうかは別にして、
「え?そっちの方向で考えるの?」
っていうのが、水星が傷ついてる人の面白さなんじゃないかな。

| 惑星研究 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木星の保護力

ダシャーやハウスに木星がからむと
悪いことが起きなさそうなんだけど、

私の鑑定経験からすると、

木星がからんでようといまいと、
悪い時期には悪い事が起きます。

でも、そのとき必ず何か、ラッキーなことが起きたり、守ってくれる人が現われる。
予防接種にはならないけど、アフターフォローをしてくれるのが
木星さんの優しさなんだと思う。

| 惑星研究 | 23:15 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツッコミを入れられるホロスコープ、追記データ

インド占星術では、月が重要。木星の保護も重要。

月が木星にアスペクトされていないっていうのは、不運なホロスコープと言えるかもしれません。
でもそういうホロスコープを持った芸人が「ボケ担当」で成功している。
彼らは、「守ってもらえない」という特性を逆に利用して
長所に変えていったってことかもね。
どんな欠点も、長所に変えられる可能性を秘めている、
そう考えながらホロスコープを見ていくと
ホロスコープを見てるだけで楽しくなってきます。


さて、おもんないかもしれませんが、
前回アップした研究データを、参考までに、もうちょっと詳しく書いておきます。
研究に使う人たちは、コピペして持っていってください。

≫ Read More

| 惑星研究 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツッコミを入れられるホロスコープ

「ボケ担当」と呼ばれるお笑い芸人のホロスコープを、30人調べてみました。

興味の発端は、

失言にいちいちツッコミを入れられる人って、
水星(言葉)に火星(攻撃)がアスペクトしてるんじゃないか?
という素朴な疑問でした。

30人の芸人を調査した結果は、アスペクトしてる人が30人中10人でした。
ぴったり33%って、、、がーん。
火星が水星にアスペクトやコンジャンクトしている確率と、ぴったり同じじゃん。
・・・この仮説は、正しくないことが判明しました。


俺の週末を返せ、みたいな気分でやさぐれてたら、
別のことに気がつきました。


ボケ担当のお笑い芸人は、月が木星の保護を受けていない人が多かった。

≫ Read More

| 惑星研究 | 21:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

月の高揚と減衰

ミシュランさんの考察がとても良かったから、
記事にしときます。

身近にいる人達から高揚と減衰を比較して、
その両面性を長所と短所に分けて考察するという研究姿勢がGood!
本当は、5人くらいずつ研究対象がいるといいんだけど、
少なくとも女性に関しては、この考察は当たってると思ったので、記事にしてみました。
親友と真逆な配置があるっていいなぁ。



ミシュラン | 2017/01/30 23:37 |
 親族や親友に合わせて3人ほど月の最高星位の持ち主がいます。私とある1人の知り合いは逆に最低星位のところに月があります。なるべく冷静に分析してみて気付いたことがあるのですが、高揚してる月を持つ人は広く浅く大衆には人気がある一方で、深く狭く本音を話してくれる友だちがいないなあと。逆に減衰してる月を持つ人は、少数人にすごく深く信仰される一方、一気に公にみんなからの人気を勝ち取ることが出来ないなあと。
 高揚してる親友は色んな飲み会に頻繁に誘われて参加してるんですけど、一対一のお誘いは全然ないそうです…逆に減衰持ちの私と知り合いは、飲み会に頻繁に誘われたりそこで主役をはるようなことはないのですが、個別に内緒話を打ち明けられることが多々あります。また、「◯◯ちゃん(高揚の月の持ち主)は顔が広いから、あの子には秘密にしておいてね!」とも言われます。
なんというか、日向の人気と日陰の人気みたいなイメージというか… うまく説明出来ないのですが、そんな印象を受けました。
 高揚の月の人は広く浅く付き合って、減衰の月の人は深く狭く付き合う関係を築いてしまうような気がします。

| 惑星研究 | 19:45 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頑固な木星、謙虚な木星

木星って、優しさを表わすから、謙虚さを引き出してくれるんだけど、
正義感とか観念って意味もあるから、頑固さを際立たせることもある。

木星には2つの側面があって、
どっちに転んでも不思議じゃない。
それがどんな形で出てくるのかを読み取っていくのも
占星術の楽しみの一つ

≫ Read More

| 惑星研究 | 01:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT