うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水星に凶星集中砲火

オリンピック、やってます。

オリンピックにちなんで何か記事書けないかと考えてたら、
水星がすっごい傷ついてるホロスコープを思い出した。

佐野研二郎
1972年7月29日、東京、出生時間不明

この水星は、
ラーフ・ケートゥ軸にいて、
火星・太陽とコンジャンクトして、
土星にアスペクトされて、
敵対星座で、逆行して、
吉星からのアスペクトがnothing。

傷つきMAX!!!

これは、東京オリンピックのエンブレムで盗作騒動(憶えてますか?)になった、
デザイナーの佐野研二郎さんのホロスコープです。

≫ Read More

| 惑星の研究 | 00:06 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケーンドラを支配する木星

木星がケーンドラを支配すると、木星の持ってる保護能力が半減します。
参考→ 崖の上のジュピター

じゃあ、どれくらい減るのかって話になってくるけど、これは説明が難しい。

ホロスコープを100件くらい見て、
最大吉星ジュピターの保護能力ってやつを体感した後に、
その保護能力が「はんぶんくらいになる」って感じをつかんでいくんだけど、
このニュアンスというか、吉凶を判断するさじ加減、なんて言えばいいんだろう。

怪我をかかえた優秀な大リーガーが
助っ人外人として日本でどれだけ活躍するか

みたいな強弱を読み取っていかないといけない感じ。
(よけいわかりにくいか。。。)

慣れないうちは、ケーンドラ支配のことは考えないで、
「ここは木星に守られてる、わーい」って、単純に喜んでてください。
ケーンドラの分をどんくらい差し引いて見るかは
中級者向けの技法だと考えといてほしい。

| 惑星の研究 | 00:24 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

高知県と火星

ナゾの高知県人さんから、

高知県は、かなり火星の影響の強いお土地柄だと思います。

という考察をいただきました。
面白かったので、その内容を紹介します。

≫ Read More

| 惑星の研究 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

家族のハウスと火星&ラーフ

家族を意味するハウスに火星が在住すると、
その相手とバトルする運勢が出てくることが多いみたい。

って記事を書いたら、ぷーさんから、こんなコメントが。

ラーフ&火星がコンジャンクトすると、その部屋の表す人物からDVされる法則にあたりまくります。

≫ Read More

| 惑星の研究 | 18:31 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水星と知性

みさんがコメント欄で紹介してくれたブログ(holiday lunchさん)を読んでて、
8月29日の記事にこんなことが書いてました

>一般的に水星が傷ついていると知性に問題があるという見方もありますが、
>必ずしもそうではなく、「知性を間違った方向に使う」だったり、
>「異常に頑固」だったりというような特徴として出ることがあるようです。


私も、水星の傷=知性や学力の低下、ってふうには考えてないから、
この視点には共感してます。

間違った方向かどうかは別にして、
「え?そっちの方向で考えるの?」
っていうのが、水星が傷ついてる人の面白さなんじゃないかな。

| 惑星の研究 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木星の保護力

ダシャーやハウスに木星がからむと
悪いことが起きなさそうなんだけど、

私の鑑定経験からすると、

木星がからんでようといまいと、
悪い時期には悪い事が起きます。

でも、そのとき必ず何か、ラッキーなことが起きたり、守ってくれる人が現われる。
予防接種にはならないけど、アフターフォローをしてくれるのが
木星さんの優しさなんだと思う。

| 惑星の研究 | 23:15 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツッコミを入れられるホロスコープ、追記データ

インド占星術では、月が重要。木星の保護も重要。

月が木星にアスペクトされていないっていうのは、不運なホロスコープと言えるかもしれません。
でもそういうホロスコープを持った芸人が「ボケ担当」で成功している。
彼らは、「守ってもらえない」という特性を逆に利用して
長所に変えていったってことかもね。
どんな欠点も、長所に変えられる可能性を秘めている、
そう考えながらホロスコープを見ていくと
ホロスコープを見てるだけで楽しくなってきます。


さて、おもんないかもしれませんが、
前回アップした研究データを、参考までに、もうちょっと詳しく書いておきます。
研究に使う人たちは、コピペして持っていってください。

≫ Read More

| 惑星の研究 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT