FC2ブログ

うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ディスポジター、その3

たつさんから、こんなコメント

ディスポジター=「支配星の影響を受ける」

うん、そんなイメージでとらえてもいいと思う。

「星座の影響を受ける」って考え方からもう一歩深読みして
「星座の『支配星の』影響を受ける」ってことなのよね。

だから定座の惑星ってピュアな子なのよ、って考え方も秀逸です。


| たつ | 2019/07/10 14:54 |

「支配星の影響を受ける」という認識で良いでしょうか。
それは多分、ダシャーにおいても、惑星の象意においてもですよね。
そう考えると定座惑星というのは「強い」というより「純粋なそれ(良くも悪くも)」って感じがしますね。


≫ Read More

| 用語集ウチャキペディア | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ディスポジター、その2。裏キャラ

ディスポジターdispositorとは、

ある惑星が在住する星座の支配星

です。

繰り返します。

ディスポジターとは、惑星が在住する星座の支配星、です。

これだけじゃ、わかんない人も多いらしい。

では具体例、いってみよう。

たとえば、金星が山羊座に在住しているとします。

山羊座の支配星は、土星。
この場合、「金星のディスポジターは、土星」ってことになります。
裏キャラが土星、ってふうに考えればいいです。

≫ Read More

| 用語集ウチャキペディア | 18:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シャドバラ、その3(経験則)

シャドバラの数値って、
直接的に惑星の強さにダイレクトに影響するとは思わないんだけど、
1つだけ極端にシャドバラの低い惑星があるときや、
1つだけ極端にシャドバラの高い惑星があるときは、
特徴が出やすいと思う。

1つだけ極端にシャドバラの低い惑星があるときって、
その惑星の象意の一つが、とっても弱くなってることがある。
その場合、改善しようとしてもなかなか大変で、
別の惑星の力を借りる方向でアドバイスするようにしています。

たとえば、太陽のシャドバラが極端に低い人がいて、
その人は自分に自信が持てない性格だったとする。
自信を持たせる方向で解決策を模索するより、
心を安定させる(月)とか、周囲からのサポートを充実させる(木星)とか、
そっちのほうが現実的なアドバイスなんじゃないかと思ってます。

逆に、1つだけ極端にシャドバラの高い惑星があるときって、

≫ Read More

| 用語集ウチャキペディア | 19:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガンダーンタ、その4、火と水

ガンダーンタとは、水の星座と火の星座の境界エリア。
つまり、
 魚座と牡羊座の境い目、
 蟹座と獅子座の境い目、
 蠍座と射手座の境い目。

これって単純に「火と水のあいだがら」って思ってたけど、もうちょっと考察してみた。

おおざっぱなイメージとして
水の星座って曲線的で、火の星座って直線的だから、
お互いに否定しあってジレンマが生じるのかも?

≫ Read More

| 用語集ウチャキペディア | 23:11 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インド占星術家は、惑星それぞれを我が子のように暖かく見守ってます。
そんな愛すべき惑星が、心地よくない状態にあることを
占星術家たちは「惑星が傷ついてる」と表現します。
そして、惑星を「癒やす」ために、宝石だのマントラだの儀式だのをオススメしたりする。

でも、この業界用語に慣れない人は「傷ついてますよ」の言葉そのものに傷ついたりする。
心が傷ついてるとか、傷物あつかいされたように感じる人もいるらしい。

ただの業界用語、占星術の専門用語です。あまり気に留めないようお願いします。

| 用語集ウチャキペディア | 23:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

逆行って何?

初心者に向けて、

惑星の逆行を過度に怖がらなくても平気なのよ

って記事を書いた。
インド占星術の怖いやつら11、逆行

そしたら、コメント欄が中級者で埋まってきて、

逆行って何なんっスかーー!?
(´エ`;)ヾ(・ω・`;)ノヽ(ヽ´゚д゚`)))

って話で盛り上がってきた。みんな、興味津々なのね。

そこで、議論を進めるためにこの記事を作りました。
コメント欄で意見を交わしてください。

まず、席主うちゃの見解をぶっちゃけますと、

1.逆行=こうなる、と断言できる定説を、私は知りません。
惑星がナチュラルな動きをしてないわけだから
見るからに不吉なはずなんだけど
どう不吉なんだって聞かれても、よくわからない。
凶星が逆行すると吉になるって説もあるけど、ピンと来ない。

2.医療占星術では凶として作用する。
これは、ちゃーとさんの指摘通り、長引く傾向を強めることが多いみたい。

3.個別に、
この惑星が逆行するとこうなる
って説がいろいろあるけど、当たる精度が低すぎる気がして、どれもピンと来ない。
あ、水星逆行だけは、過去に記事を書いたことがあります。
ぷーさんがこの方向で研究してます(下記参照)。

4.現時点での結論としては、
惑星の逆行って、気にはなるけど、よくわかんない


以下、コメント欄の抜粋です。

≫ Read More

| 用語集ウチャキペディア | 00:04 | comments:23 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サディサティ、その2

サディサティってのは
すごくシンプルで、わかりやすい技法です。

1.月を重視するインド占星術
2.土星は、圧力をかけてくる悪い星
3.出生図の月の近くに、トランジット土星が近づいてきたら、なんとなく不吉
4.月のある星座と、その両隣の星座を土星が通過する期間は、30年周期のうち7年半。
5.誰が呼んだか、「ザ・ななねんはん」。(ヒンディー語で、「サディサティ」)

インド占星術初学者で、この時期を気にする人はすごく多い。
でも、中級以上の人で、サディサティを重視する人は少ない気がする。
無視するわけにはいかないけど、
せいぜい、運勢が5%OFFみたいな感じで使われる技法だと思う。

デパートの全品5%割引きを何とも思わない私は、
サディサティをぜんぜん気にしないし、
いい主婦(主夫)になれそうにもない。

≫ Read More

| 用語集ウチャキペディア | 00:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT