うちゃのブログ

インド占星術の雑記帳。 「インド占星塾」の掲示板に棲息していた占星術家の、素人目線の研究結果です。学習の参考にご利用ください。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ラーフの独善的な考え方

貧乏な家に生まれた女の子の話です。

お友達のお誕生会に出るたびに、
自分の誕生日のケーキのほうが大きくて華やかなのが
ちっちゃい頃からひそかな自慢でした。

でも、ラーフ期が終わって、その年末頃にやってきた誕生日、あることに気づいたそうです。


これ、Merry Chrismas って書いてるんだ。。。


勝手に勘違いして、自分が特別だと思い込むこのポジティブさ、
ラーフらしいと思いました。

| ダシャー@ラーフ期 | 21:16 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ももいろクローバーZのホロスコープ

説明しよう。
幾多の困難を乗り越え5人となった週末ヒロイン「ももいろクローバー」は、
早見あかりが脱退した2011年4月10日の翌日から、
「ももいろクローバー」となったのだ。
これが、名前を変えた日のホロスコープ。

ももいろクローバーZ始動 ももクロZ5人
2011年4月11日午前0時、東京、中野サンプラザ?

ダシャーは、ラーフ-金星期からスタートしてます。

≫ Read More

| ダシャー@ラーフ期 | 18:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ-水星期、その2

研究が一歩進んだので発表します。

2年前、ラーフ-水星期ってのは
「比較的おだやかな時期で、調和を保ちながら進んでいく」
って書いたけど、そうでもないらしい。。。

常識はずれな行動を、つい、やっちゃうのがラーフ-水星期らしい。

≫ Read More

| ダシャー@ラーフ期 | 20:00 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

酒井法子のラーフ期

女性はラーフ期に仕事で成功するらしい。
内心で満足できてるかどうかは別なんだけど、
少なくとも脚光を浴びるようになることが多い。

酒井法子さんのラーフ期は1988~2006年。仕事で成功していた時期です。

けど、腐ってもラーフ、輝いてもラーフ、
はんなりおっとり平穏順風な時期ってわけには、いきません。
PlusGさんの2009.08.24コメントは、
そんなラーフ期の成功パターンをうまく表現してました。

>彼女の当たった(特にラーフ期の)素材って、
>はっきりいって不幸なテイストのものではないですか?
>前のコメントで彼女のラーフ期の成功は
>6-8のヴィーパリータパワー・ニーチャバンガの賜物ではないかと書きましたが、
>だからこそ、苦労背負った歌や役だとはまるのだろうと思いました。


凶星には凶星の使い方があり、吉星には吉星の使い方がある
ってことなんだろうな。

オベロン 2009.08.30
なかなかいい解釈です。
減衰土星の特別なパワーが
そのようなイメージでの成功を
もたらしたのでしょうね。


参考記事
酒井法子のホロスコープ

| ダシャー@ラーフ期 | 21:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ-ケートゥ期、その2

ラーフ-ケートゥ期、その1」で、

Grace InglisのHindu Dasa Systemによると、
この時期はヒステリーだの悪霊にとり憑かれるだの、精神的におかしくなる時期らしい。
え?人間関係じゃなくて悪霊関係なの?


って書いたけど、
この疑問が解けたので発表します。

ケートゥもラーフも仮想惑星。
だから、ラーフ-ケートゥ期とかケートゥ-ラーフ期は、
何かと「リアルじゃないこと」に踊らされ、
地に足がついてないことに時間を多く取られる時期らしいです。

理屈では止めるべきなのに、なんだかんだで止められなくなってしまう、
そんな状況にはまってく人が多いみたい。

リアルじゃないことっていうのは、
悪霊だったりヒステリーだったり、、
被害妄想的な人間関係の思い過ごしだったり、
理不尽な仕事をやらされ続けたり。

されどラーフは、  止まらないぃぃぃ。
そしてケートゥは、  でもリアルぅぅぅ。

ご苦労様っす。

参考記事:
ラーフ-ケートゥ期、その1

| ダシャー@ラーフ期 | 00:42 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ期@たけさきさんの視点

please_helpさんがコメント欄で紹介してくれた、
たけさきさんのホームページ、ラーフ期についての解説を転載します。

「ラーフ=カルマの顕在化させる惑星」という考え方は、アメリカ人のインド占星術家に多いみたい。
本場インド人は、「カルマを顕在化させる惑星?全部だよ。」って考え方をするらしい。



チャートのアセンダント(ラグナ)、月、太陽などが、ラーフやケートゥとコンジャクトしている人は、そのハウスやアスペクトする惑星に関する事象において、人生における劇的な転機・変化が起こります。その惑星ダシャー期やラーフ期、トランジット木星やトランジット土星からアスペクトを受けるとき激変は確実です。

※ラーフ期となる時期は、前世からのカルマを顕在化してカルマを消化する期間。試行錯誤しながら運命に振り回されることで、自分の使命をはたしたり、自己の内面を劇的に成長、変化させていきます。それは誰にも止めることはできません。善い事も悪いことも、すべて嵐のように訪れ、自分の内面を鍛えあげて、ラーフ期が過ぎ去ったあとの平静な日々のなかで、自分のしてきた異常行動のすべてやその原因となったカルマの本質が理解できるかもしれません。

ラーフ期(カルマの清算期)は悩ましい時期!

あなたのラーフ(地球の軌道と月の軌道が交わる、蝕のポイント)は吉星化していますか?ラーフやケートゥは輪廻転生にかかわる重要ポイント。あなたの人生において異常なほどの上昇or下降のターニング・ポイントとなります。

吉星化しているラーフとは・・

1)ラーフがケンドラ(1,4,7,10室)かトリコーナ(1,5,9室)に在住、またはケーンドラかトリコーナの支配星とコンジャクト、またはアスペクトを受けているとラージャヨーガ・カラカになる。ラーフ期の成功のしるし!

2)ラーフが吉星からコンジャクトやアスペクトを受けている。ラーフは吉星化するが、コンジャクトする場合、吉星が示す象意や支配するハウスの象意を傷つけるためラーフ期がくるたび、ちょっとしたアクシデントやトラブルが発生!

3)凶星がラーフに絡むと悪い結果をもたらす。火星は暴力を。土星はゆるやかな破壊を。

4)惑星から絡まれないラーフは、在住するハウスや支配星の状態から判断する。ドゥシュタナや凶星が絡むと良くない。

| ダシャー@ラーフ期 | 20:24 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラーフ期の、死んじゃう話

伝説のF1ドライバー、アイルトン・セナ。
彼の火星は、最高星位のルチャカ・ヨーガ。
火星期は26歳になってからだけど、
一足お先に25歳で初のポール・ポジションを獲得。
その後、火星期はスター街道まっしぐら。

33歳(1993年5月)に火星期が終わり、ラーフ期に入りました。
年末、彼は当時最強チームだったマクラーレン・ホンダから、別のチームに移籍します。
ラーフ期になって1年もたたない1994年4月、
乗り慣れない車でハンドル操作を誤り、事故死。享年34歳。
火星期とのギャップは大きかった。

こういうこと書くと、
「わたしも火星期が終わってラーフ期になったら死んじゃうかも!!」
みたいに不安がる人もいるかもしんない。

心配ご無用。
火星期の時点で、キミはアイルトン・セナと違うのだよ、  が。

≫ Read More

| ダシャー@ラーフ期 | 01:00 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT